新築一戸建ての引き渡し時によくあるトラブルとその対処法について解説!

公開日:

「一戸建てを購入予定だけど、引き渡しのときに注意すべきことはなんだろう」このように考えていませんか。この記事では、引き渡し時に発生しやすいトラブルとその対処法などを紹介します。トラブルを未然に防ぐ方法も紹介するので、スムーズな引き渡しができるよう、ぜひ参考にしてください。

新築一戸建ての引き渡し時によくあるトラブル

はじめに引き渡し時によくあるトラブルを確認しましょう。

設備の不具合や傷、汚れが見つかる

引き渡し時や入居後に、設備の不具合や建物内に傷や汚れが見つかる場合があります。引き渡し前に発見できれば、補修や設備の交換をしてくれるでしょう。しかし引き渡し時に見つけてしまうと、入居が遅れるなどのトラブルに発展します。

また入居後に見つかった場合は、入居前に発生していた不具合であることの証明が難しく、解決に手間がかかります。あらかじめ引き渡し前に、建物の状態を施主が確認する場を設けることが大切です。

要望と施工内容が違っている

設備の不具合や傷、汚れと言わないまでも、引き渡し時に完成した住居がイメージと違うことに気づくケースがあります。住居の仕様が契約書や図面などに明記されていて、施工業者によって誤った施工がされているのであれば、工事のやり直しを請求できます。

ただし、入居の遅れにつながる可能性があります。住居の仕様は丁寧に担当者に伝えてイメージの食い違いをなくし、とくに重要な事項について契約書などに明記するようにしましょう。

想定以上の費用を請求される

住居の購入費のうち残金の支払いは、引き渡し時に行われることが多く、その際の金銭トラブルが発生する場合があります。そのトラブルの多くは、追加工事の費用に関するものです。

施行中に業者から追加工事を提案されて、その場で口頭で依頼してしまい、引き渡し時に請求された費用の高さに困惑してしまうケースです。追加工事を行う際は、必ず見積もりをもらい、金額と工事内容に納得したうえで発注するようにしましょう。

新築一戸建ての引き渡し時のトラブルを回避するためには?

ここからは引き渡し時のトラブルを回避する方法をご紹介します。

引き渡し前に建物を確認する

引き渡し前に内覧会を実施し、「建物が要望に沿って施工されているか」「設備の不具合や汚れなどはないか」といった点を確認する場を設けましょう。内覧会は、施主が建物状況を確認する完成検査の役割があります。引き渡し時、またはそれ以降に不具合を発見してしまうと、補修などの対応を行ってもらえないことがあります。

書面で記録を残す

住宅の販売業者や施工業者とのやりとりは、書面やメールで記録を残すようにしましょう。口頭でやりとりをしてしまうと後から意見の相違につながり、トラブルに発展します。追加工事を提案された際も、必ず記録が残る形式で見積もりをもらい、金銭的なトラブルにならないようにすることが大切です。

すべての工事が終わってから引き渡しを行う

工事がすべて終了してから引渡確認書を受け取るようにしましょう。たとえば、引き渡し時に不具合が見つかった際「補修工事は引渡後に必ずやります」と掛け合われても、工事完了前に引渡確認書にサインをしてはいけません

引渡確認書は建築工事が完了したことを証明することを目的に、施工業者から買主に渡される証明書です。工事が完了する前に受け取ってしまうと、書面で工事が完了していることになるため、補償などの対応が受けられなくなる場合があります。

住宅販売業者と念入りに打ち合わせをする

買主と住宅販売業者の間に、建物の完成イメージの相違がないよう、念入りに打ち合わせをするようにしましょう。必要に応じて写真や動画を活用して、建物の完成イメージを担当者に伝え、図面に反映してもらうことが大切です。それにより、引き渡し時に「完成した建物が想像と違う」といったトラブルを防げます。

万が一、トラブルに遭ってしまった際の対処法

万が一、トラブルが発生した場合は住宅販売業者に報告するようにしましょう。問題の解決に向けてサポートをしてくれるでしょう。

ただし、業者がトラブル解決に向けて行動してくれない場合もあります。その際、第三者として相談できる窓口をあわせて把握していると安心です。ここでは相談先としておすすめの窓口をご紹介します。

国民生活センター(消費生活センター)

消費に関するトラブルについて相談できます。局番なしの“188”に問い合わせれば、各地域の消費生活センターへ案内してくれるのです。

法テラス

法に関するトラブルは日本司法支援センターの法テラスへの相談がおすすめ。国によって設立された信頼のある機関です。

住まいダイヤル(公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター)

住宅にまつわる困りごとを専門に取り扱う相談窓口です。

まとめ

今回は新築一戸建ての引き渡し時によくあるトラブルと、それを未然に防ぐ方法や対処法についてご紹介しました。新築一戸建ての引き渡しは、買主にとって待ちに待った嬉しい瞬間です。その瞬間をスムーズに終えるためにも、トラブル回避をするための方法を実践しましょう。また万が一トラブルに見舞われても、第三者に相談するなど、落ち着いて対処することが大切です。

【枚方市】新築一戸建て不動産おすすめ5選!

イメージ
会社名近畿住宅流通関西不動産情報センターフロンティア不動産販売住まいのNATTOKU住まいステーション
特徴顧客の想いを優先したサービスが人気!お子様連れも安心のサポートありオンライン相談もOK!資格をもつスタッフが丁寧にサポート経験豊富なスタッフが顧客それぞれに合わせた住まいを提案!地域密着型の丁寧なサポートが魅力!豊富な限定物件も案内OK最新情報を惜しみなく提供!理想の住まい探しが叶う抜群のサポート
詳細リンク

おすすめ関連記事